HARETOKE

ARCHITECTS
  • Twin-Winged Gable

    Miyagi

    House

    2014

    • 1408_Tome_01 1408_Tome_02 1408_Tome_03 1408_Tome_04 1408_Tome_05 1408_Tome_06 1408_Tome_07 1408_Tome_08 1408_Tome_09



      渡り鳥で有名な寒冷な地方都市に建つ老夫婦の為の終の住処。近くを流れる河川の氾濫を避けるべく、高く持ち上げられた住まいは、渡り鳥が羽を広げて舞い降りたような形をしており、東西両翼に挟まれた吹抜が住空間に中心性を生み出しています。
      日々の視線は、この吹抜を通じて立体的に交錯し、部屋同士を縫い合わせると共に、生活に外の風景を呼び込みます。二階寝室のバルコニーは、深い軒に護られて、天候を気にせず物を干したり、外に出たり、風通しを得ることが出来、健康的で快適な暮らしに貢献しています。

      所在地:宮城県登米市
      主要用途:一戸建ての住宅
      施工:ASJ仙台青葉スタジオ/luxs(千葉清彦)
      構造:木造
      規模:地上2階
      敷地面積:1137.47㎡(344.08坪)
      建築面積:94.95㎡(28.72坪)
      延床面積:136.53㎡(41.30坪)
      竣工:2014.06
      撮影:矢野紀行/矢野紀行写真事務所

      設計監理:アトリエハレトケ(長崎辰哉・牧野由美・藤尾孝悦)
      構造設計:長坂設計工舎(長坂健太郎)
      設備設計:館設備設計事務所(岩舘通泰)
      照明計画:シリウスライティングオフィス(戸恒浩人・村川和隆)

      Permalink
  • Under Three Roofs

    Nagano

    House

    2014

    • 1408_Matsumoto_01 1408_Matsumoto_02 1408_Matsumoto_03 1408_Matsumoto_04 1408_Matsumoto_05 1408_Matsumoto_06 1408_Matsumoto_07 1408_Matsumoto_08 1408_Matsumoto_09



      「平屋的に暮らしたい」という住み手のリクエストを紐解きながら、隣り合う空間同士がどのようにしたら機能的な関係性と豊かなつながりを生み出せるか、徹底的に考えました。その結果、庭に面して桂離宮のように雁行(がんこう)する平面形状と、対角線方向に通り抜ける視線によって、空間同士が縫い合わされるようなプランが生まれました。
      全体は、三つのボリュームから構成されていて、三枚の屋根がそれぞれ異なる向きに掛かっています。背の高いボリュームを中心として東西二枚の平屋根が羽を広げた佇まいは、平等院鳳凰堂のようでもあり、平面的な広がりと吹抜けの伸びやかさとを同時に感じられる心地良い空間の質を生み出しています。
      隅々にわたって住み手がこだわり抜いた空間と、そこを存分に住みこなす住み手の創意工夫とが、この住まいをより一層魅力的に育てていくことでしょう。
      五年後、十年後の変化が楽しみな住まいになりました。

      所在地:長野県塩尻市
      主要用途:一戸建ての住宅
      施工:ASJ松本中央スタジオ/松本土建(西山雄一郎)
      構造:木造
      規模:地上2階
      敷地面積:342.38㎡(103.57坪)
      建築面積:109.67㎡(33.18坪)
      延床面積:128.51㎡(38.87坪)
      竣工:2014.06
      撮影:矢野紀行/矢野紀行写真事務所

      設計監理:アトリエハレトケ(長崎辰哉・牧野由美・市毛毅)
      構造設計:長坂設計工舎(長坂健太郎)
      設備設計:館設備設計事務所(岩舘通泰)
      照明計画:シリウスライティングオフィス(戸恒浩人・村川和隆)

      Permalink
  • Under Four Roofs

    Kyoto

    House

    2012

    • 1205_Iwakura_01 1205_Iwakura_02 1205_Iwakura_03 1205_Iwakura_04 1205_Iwakura_05 1205_Iwakura_06 1205_Iwakura_07 1205_Iwakura_08 1205_Iwakura_09



      円通寺と比叡山に挟まれた一角に建つ木造住宅のプロジェクト。東山魁夷「歳暮る」に触発され、一つの建物であると同時に街並みでもあるような風景を屋根によって描き出すことを目指しました。敷地に浮かぶ「四ツ屋根」の下には、様々な大きさの生活空間が雁行して連なっています。京都産の檜と杉による骨太な軸組が「顕し」で軒先まで連続し、この住まいのアイデンティティを形成しています。外壁は手業によるモルタル櫛引仕上げとし、窓周りを杉板で縁取って繊細な感覚を表現しました。「連なる切妻」「深い軒」「ズレた軸線」「雁行配置」「京都府産材」「手業の外壁」「比叡山の借景」など、生活風景の至るところに京の粋を感じる住まいです。歳月と共に住まいと街並み双方の美しさが深まっていくよう意識しました。

      所在地  :京都府京都市
      主要用途 :一戸建ての住宅
      施工   :京都建設(高田大輔)
      構造:木造
      規模:地上2階
      敷地面積:301.52m2
      建築面積:109.87m2
      延床面積:160.28m2
      竣工:2012.05
      撮影:矢野紀行/矢野紀行写真事務所

      設計監理:アトリエハレトケ(長崎辰哉・牧野由美・池田俊)
      構造設計:長坂設計工舎(長坂健太郎)
      設備設計:館設備設計事務所(岩舘通泰)
      照明計画:シリウスライティングオフィス(戸恒浩人・小林周平)

      Permalink
  • House of Windowsills

    Kanagawa

    House

    2011

    • 横浜における木造住宅の建替えプロジェクト。
      桜並木で有名な河畔に建つ老夫婦のための住処です。
      旗竿型の変形敷地を活かした建物配置によって、表の桜並木に面したアプローチと南側のプライベートガーデンという二つの屋外空間を生み出しています。
      現代的で快適な生活と共に、①「トオリニワ」「エンガワ」「スダレ」といった日本の伝統的生活様式を楽しめること、②歳月とともに住み心地や住まいの美しさが深まっていくこと、③桜並木やプライベートガーデンなどの屋外風景と連続した生活風景が生み出されること、の三つを目指しました。
      断熱性能はもちろん、木材産地や腕の良い地元大工との恊働にもこだわった、人にも環境にもやさしい「理想の住まい」です。

      所在地:神奈川県横浜市
      主要用途:住宅
      施工:青(田原宗・岡田泰輔)
      構造:木造
      規模:地上2階
      敷地面積:212.00m2
      建築面積:75.32m2
      延床面積:123.11m2
      竣工:2011.06
      撮影:矢野紀行/矢野紀行写真事務所

      設計監理:アトリエハレトケ(長崎辰哉・牧野由美・池田俊)
      構造設計:坪井宏嗣構造設計事務所(坪井宏嗣)
      設備設計:館設備設計事務所(岩舘通泰)
      照明計画:シリウスライティングオフィス(戸恒浩人・小林周平)

      Permalink
  • Under the Large Roof

    Ibaraki

    House

    2010

    • 地方都市の郊外に計画された鉄筋コンクリート造の住宅。個性あふれる居室群の上に浮かぶように大きな屋根が架けられており、2mに及ぶ軒の出が街と住み手に対してシンボルとしての深い影を落としながら、内外に重層する素材感の異なる生活風景を包み込んでいます。外観はクールな印象ですが、断熱材を裏打ちしたFRC打込み型枠による外断熱工法を採用しており、開口部に高性能のアルミ・木複合サッシを用いることで、夏涼しく冬温かい室内環境を生み出しています。意匠性を守りながらも、熱負荷を低く抑え、年間を通じて快適な温熱環境を実現することを目指しました。

      所在地:茨城県結城市
      主要用途:住宅(一部オフィス)
      施工:宍戸工務店
      構造:RC造+S造
      規模:地上2階
      敷地面積:547.25m2
      建築面積:273.46m2
      延床面積:374.48m2
      竣工:2010.03
      撮影:矢野紀行/矢野紀行写真事務所

      Permalink
  • Double-Decker House

    Tokyo

    House

    2008

    • 都内に建つ木造長屋。別々の玄関を持つ2つの住戸が上下に重層しています。このプロジェクトでは、環境への配慮と住まいの温熱環境向上を強く意識しました。軸組には東京多摩産の杉材を使用し、セルロースファイバー充填断熱やコンクリート躯体の外断熱、夜間蓄熱式の床暖房や高性能サッシを採用するなど、建設時と生活時の双方においてCO2の排出を抑制することを目指した全電化住宅です。低燃費で快適な都市生活を当り前に実現するため、人と建築と環境の関係性を複眼的に追求しました。

      所在地:東京都大田区
      主要用途:長屋(2戸)
      施工:分離発注
      構造:木造+RC造
      規模:地下1階/地上2階
      敷地面積:95.40m2
      建築面積:62.85m2
      延床面積:134.52m2
      竣工:2008.11
      撮影:矢野紀行/ナカサアンドパートナーズ

      Permalink
  • Seaside Boomerang

    Chiba

    House

    2008

    • 海と空を満喫するワンルームの住処。太平洋に面した最高の眺望を独占する敷地。そこに建つ豊かさを最小限の操作で最大限に引き出す事を目指しました。「く」の字に折れた平面に、片流れ屋根を掛けただけの単純な構成ですが、その相互作用が屋内にも屋外にも変化に富んだ豊かな居場所を生み出します。朝から晩まで、自然のうつろいを様々に写し込む生活空間。美しい風景を切り取り、自らもまた美しい風景の一部となる建築です。

      所在地:千葉県いすみ市
      主要用途:住宅(別荘)
      施工:丸昇建設
      構造:木造
      規模:地上2階
      敷地面積:244.86m2
      建築面積:79.75m2
      延床面積:104.61m2
      竣工:2008.07
      撮影:矢野紀行/ナカサアンドパートナーズ

      Permalink
  • 4-in-1 House

    Tokyo

    House

    2007

    • 都内の29坪ほどの一角に建つ立体長屋の計画案。地形であり、樹木であり、洞窟でもあるような住処に住まう現代的な生活の提案です。斜めの床、空間に切り込むガラスなど、場所性の差違を強調する要素が4つの住戸に特徴的な居場所を生み出します。住み手は異なる高さにちりばめられた居場所を自由に動き回り、立体的で動きある生活風景を描き出します。

      計画地:東京都太田区
      主要用途:長屋(4戸)
      構造:RC造+S造
      規模:地下1階/地上2階
      提案:2007.06

      Permalink