HARETOKE

ARCHITECTS
  • Maebashi Municipal Museum

    Gunma

    Museum

    2011

    • 既存の商業施設を市立美術館へと用途転用する現代的かつ意欲的な設計競技への応募案。
      周辺施設と連携して「美術環」を形成する、という本美術館の理念を「入れ子状のゾーニング」と「回遊する動線計画」で空間化することを目指しました。
      「まち・ひと・アートをつむぐスパイラル」というコンセプトのもと、市民に広く開放された「エントランスホール」・上下のギャラリーを視覚的に結ぶ「アートスパイラル」・街を見下ろす「アートバルコニー」など、建物に新しい空間価値を付与し「まちへと発信する美術館」を提案しています。
      外観・内観ともに地域産木材を活かした親しみやすい素材感で、人々が集いやすい雰囲気の高い室内性を備えた「まちのリビングとしての美術館」を表現しました。
      木製断熱パネルで建物を包み込むことで、外壁の曲線に美しい陰影と肌理を与え、同時に建物の環境性能を大きく向上させることも提案しました。

      計画地:群馬県前橋市
      主要用途:美術館(商業施設からの用途転用)
      規模:地下1階/地上2階
      延床面積:4,386m2
      設計チーム:長崎辰哉 池田俊 牧野由美 和久田実(協力)
      提案:2011.01(設計競技応募案)

      Permalink