HARETOKE

ARCHITECTS
Q

相談したいのですが、どうすれば良いですか?

A

電話、ファクス、メール、手紙など、お客様にとって一番楽な方法でお声掛け下さい。不安なことやわからないことなど、ざっくばらんに話すだけでも気が楽になります。一度事務所にお越しいただくか、遠方の場合などこちらから伺うこともあります。

Q

相談にはお金が掛かりますか?

A

初回相談は無料です。お茶を飲むくらい軽い気持ちでいらしてください。検討中の土地の資料をお持ちでしたら、ご予算やご要望などお聞かせいただければ、より具体的な話も可能です。

Q

建築家というと敷居が高いのでは?

A

アトリエハレトケでは、常にお施主様と同じ目線に立つことで最善の成果を導き出すことを心掛けています。建築家は共に走るパートナー。力を合わせて夢を実現しましょう。どうぞご安心してご相談ください。

Q

たくさんの設計事務所がありますが、何が違うのでしょうか?

A

建築づくりにはたくさんの対話が必要です。お客様と建築家との「相性」も成功の大きな鍵となります。アトリエハレトケではお客様との対話を大切にしています。お話に耳を傾け、良く聞くこと。その中から様々な条件をすくい上げて整理し、検討することで、常にご期待以上の提案ができるよう全力を尽くしています。

Q

アトリエハレトケに頼むメリットってなんですか?

A

建築家との家づくりには、楽しんだり悩んだりしながら、ご自身が思う以上につくれる利点があります。これは既製品の買物では決して味わう事ができない醍醐味です。一緒にワクワクしながら進めて行きましょう。さらにアトリエハレトケでは、これまでに培った経験と人脈で、お客様に安心して家づくりを楽しんでいただけるようバックアップする体制を整えております。我々は常により良いサービスを提供できるよう、進化し続けていきます。

Q

設計契約はいつすれば良いですか?提案を先にお願いすることは出来ますか?

A

初回相談にてご要望をお聞かせいただいた後、まず一度プレゼンテーションさせていただいております。(1ヶ月から4ヶ月ほど頂き、簡単な模型や図面・パースなど準備します。)この時点でお気に召していただければ契約いたしましょう。そうでない場合、再提案するかどうかをご相談の上決定します。これを最大三回まで繰り返し、契約に至れば特に費用は発生しません。(二回目以降は準備期間も短くて済む場合が多いです。)最終的に契約に至らなかった場合、一提案につき10万円(税別)をご精算頂いております。

Q

設計料はどれくらい必要ですか?

A

設計監理報酬は、建築工事金額の15%、最低300万円(税別)を基本とします。構造計算(※)が必要な場合、構造設計料として設計料の20%を別途申し受けます。より専門的な設備設計や照明コンサルティングなどが必要な場合も別途申し受けております。詳細はプロジェクト内容ごとにご相談に応じます。(※構造計算とは:建築物の安全性や使用性を確認するため、どのような変形や応力に耐えられるか、構造家が専門的に判定することです。木造二階建て住宅などでは不要なケースも多いです。)

Q

建築家とつくる住宅は高くつくのでは?

A

ケースバイケースですが、坪単価75万円から150万円くらいの間が多いです。商品住宅と比べて高く思われるかもしれませんが、果たしてそうでしょうか?例えば、総予算が3450万円の場合、商品住宅では、総予算の30%前後が宣伝広告費や営業費に費やされ、住宅そのものに使える費用としては2450万円前後になります。一方でアトリエハレトケの場合、設計料を差し引いた残り3000万円をすべて建築費用として使えます。つまりアトリエハレトケの方が、ご予算を十分に、住宅そのものの価値に還元できます。従って、建築全体の品質、満足度、愛着などが大きく異なります。

Q

住宅以外の設計もお願いできますか?

A

照明器具や家具といった小さなプロダクトから、ビルや工場などの大規模施設まで、どんなモノでもご相談ください。店舗、インテリア、リフォーム、増築や減築などのデザインもお引き受けしています。

Q

敷地探しの相談にも乗っていただけますか?

A

もちろんです。敷地探しからお付き合いが始まることも多いです。必要に応じて地盤調査なども行いますので、ご相談下さい。(専門的な調査には調査実費が発生することがあります。)

Q

遠方でもお願いできますか?

A

お声掛け頂ければ、国内外を問わずお引き受けしています。(遠方の場合は交通費を実費精算にて申し受けます。)

Q

完成までにどれくらい時間がかかりますか?

A

個人住宅の場合、初回相談からお引き渡しまで、12ヶ月から18ヶ月くらいが一般的です。中には36ヶ月かけて徹底的にこだわる方も。ご都合に応じて調整しながら進めて行きましょう。