HARETOKE

ARCHITECTS
  • Under Three Roofs

    House

    2014

    • 1408_Matsumoto_01 1408_Matsumoto_02 1408_Matsumoto_03 1408_Matsumoto_04 1408_Matsumoto_05 1408_Matsumoto_06 1408_Matsumoto_07 1408_Matsumoto_08 1408_Matsumoto_09



      「平屋的に暮らしたい」という住み手のリクエストを紐解きながら、隣り合う空間同士がどのようにしたら機能的な関係性と豊かなつながりを生み出せるか、徹底的に考えました。その結果、庭に面して桂離宮のように雁行(がんこう)する平面形状と、対角線方向に通り抜ける視線によって、空間同士が縫い合わされるようなプランが生まれました。
      全体は、三つのボリュームから構成されていて、三枚の屋根がそれぞれ異なる向きに掛かっています。背の高いボリュームを中心として東西二枚の平屋根が羽を広げた佇まいは、平等院鳳凰堂のようでもあり、平面的な広がりと吹抜けの伸びやかさとを同時に感じられる心地良い空間の質を生み出しています。
      隅々にわたって住み手がこだわり抜いた空間と、そこを存分に住みこなす住み手の創意工夫とが、この住まいをより一層魅力的に育てていくことでしょう。
      五年後、十年後の変化が楽しみな住まいになりました。

      所在地:長野県塩尻市
      主要用途:一戸建ての住宅
      施工:ASJ松本中央スタジオ/松本土建(西山雄一郎)
      構造:木造
      規模:地上2階
      敷地面積:342.38㎡(103.57坪)
      建築面積:109.67㎡(33.18坪)
      延床面積:128.51㎡(38.87坪)
      竣工:2014.06
      撮影:矢野紀行/矢野紀行写真事務所

      設計監理:アトリエハレトケ(長崎辰哉・牧野由美・市毛毅)
      構造設計:長坂設計工舎(長坂健太郎)
      設備設計:館設備設計事務所(岩舘通泰)
      照明計画:シリウスライティングオフィス(戸恒浩人・村川和隆)