HARETOKE

ARCHITECTS
  • Twin-Winged Gable

    House

    2014

    • 1408_Tome_01 1408_Tome_02 1408_Tome_03 1408_Tome_04 1408_Tome_05 1408_Tome_06 1408_Tome_07 1408_Tome_08 1408_Tome_09



      渡り鳥で有名な寒冷な地方都市に建つ老夫婦の為の終の住処。近くを流れる河川の氾濫を避けるべく、高く持ち上げられた住まいは、渡り鳥が羽を広げて舞い降りたような形をしており、東西両翼に挟まれた吹抜が住空間に中心性を生み出しています。
      日々の視線は、この吹抜を通じて立体的に交錯し、部屋同士を縫い合わせると共に、生活に外の風景を呼び込みます。二階寝室のバルコニーは、深い軒に護られて、天候を気にせず物を干したり、外に出たり、風通しを得ることが出来、健康的で快適な暮らしに貢献しています。

      所在地:宮城県登米市
      主要用途:一戸建ての住宅
      施工:ASJ仙台青葉スタジオ/luxs(千葉清彦)
      構造:木造
      規模:地上2階
      敷地面積:1137.47㎡(344.08坪)
      建築面積:94.95㎡(28.72坪)
      延床面積:136.53㎡(41.30坪)
      竣工:2014.06
      撮影:矢野紀行/矢野紀行写真事務所

      設計監理:アトリエハレトケ(長崎辰哉・牧野由美・藤尾孝悦)
      構造設計:長坂設計工舎(長坂健太郎)
      設備設計:館設備設計事務所(岩舘通泰)
      照明計画:シリウスライティングオフィス(戸恒浩人・村川和隆)