HARETOKE

ARCHITECTS
  • Workshop in the Forest

    Factory

    2011

    • Iida Woodwork System Tokyo Factory
      東京の山奥、緑豊かな森の中に完成した木の工場です。「そこにある木で建てる」をテーマに、敷地とその周辺から集められた多摩産杉材を乾燥、集成加工して構造フレームとしました。外壁の杉下見板張りもすべて多摩産材です。組立は現場で、作業は地元の大工の手で。地元の材料を地元の手で組み上げる。そんな「あたりまえ」の地産地消を実現しました。こうして完成した工場は「建築として生まれ変わった森そのもの」と言えるでしょう。CO2は固定され、建設による環境負荷も低く抑えられています。工事中から一貫して風景と馴染むその姿は、完成した今後、一層森に溶け込んでいくはずです。外からも中からも常に森の存在が意識され、循環型ものづくりの理念を感じられる工場が実現できました。

      所在地:東京都西多摩郡檜原村
      主要用途:工場(木工所)
      施工:中嶋材木店
      構造:木造(一方向ラーメンフレーム構造)
      規模:平屋
      敷地面積:619.70m2
      建築面積:280.51m2
      延床面積:280.51m2
      竣工:2011.03
      撮影:矢野紀行/矢野紀行写真事務所